あなたのやり方はあってます?肌を痛めないクレンジング

肌を傷めないでクレンジングを行う方法とは?

肌を傷めずにクレンジングを行うコツですが、ベースメイクの他にもアイラインを綺麗に引き、シャドーも付けているフルメイクであれば、いきなりオイルクレンジングする方法は余りお勧めできません。

 

先ずはポイントメイク専用のリムーバーで目元のメイクを優しく落としてから、全体の顔クレンジングする事をお勧めします。

 

特に目元は皮膚が薄いデリケートな箇所なので、化学成分が多いクレンジング剤を使うと赤く炎症を起こし、仕舞にはメラニン色素を沈着させてしまう要因になるので、肌年齢も早く衰えてしまいます。

 

ですから、アイメイクはなるべくコットンにポイントメイク用のリムーバーを浸透させ、押さえるように拭き取ってやりましょう。

 

そして睫毛にマスカラも塗布している場合は、ゴシゴシとクレンジング剤で摩擦を与えるより、麺棒で丁寧に汚れを取ったほうが目元にダメージを与えません。

 

肌を痛めないクレンジングを心掛けるのであれば、オイルタイプのクレンジング剤は幾分刺激が強いので、洗浄力が若干劣るクリームタイプを使う方が美肌の近道です。

 

ちなみにクレンジング後は一見肌が滑らかになったと錯覚しがちですが、空気に触れる事によって乾燥も早いので、化粧水と乳液などでしっかり保湿のスキンケアをしてあげましょう。

クレンジングはとにかく手早く行いましょう。

 

クレンジングはあまり丁寧にきちんと行う必要はありません。

 

クレンジングには肌への刺激の強いタイプのものがあるので、丁寧に行うとクレンジング料が肌に乗っている時間が長くなり肌へ負担をかけてしまうことになるからです。

 

クレンジングは手早く行うようにしましょう。

 

クレンジングは洗顔料を使う前にメイクをざっと落としておくくらいの気持ちで行うと良いでしょう。

 

メイクが多少残ってしまってもその後洗顔をすれば落ちるでしょう。

 

メイクを手早く行うためにはクレンジングの量は少なすぎないようにたっぷりと使いましょう。

 

少ないとクレンジングの時に肌を指で強くこすって刺激してしまう恐れがあるからです。

 

強くこするとシミの原因となってしまうこともあります。

 

クレンジング料を付けていると肌の上のすべりがよくなるので、ついでにマッサージをしている人もいるかもしれませんが、クレンジング料を長く肌に乗せることになるのでやめましょう。

 

クレンジングのやり方は、クレンジング料を最初にTゾーンに乗せて指の腹を使って優しく軽く伸ばしていきます。

 

次にUゾーン、最後に目元や口元のクレンジングをしてぬるま湯でクレンジング料を洗い流しましょう。

 

手早くするためには、目元や口元は先にリムーバーを使ってメイクを落としておいてから顔全体をクレンジングするのも良いでしょう。

オイルクレンジングはよくない

 

オイルクレンジングはよくないです。

 

ついでにいうと、油を使用している全商品に言えると思います。乳液もそうです。

 

まず、美肌に大敵なのは こする オイル 添加物。

 

大きくこの3つだと私は思います。

 

オイルに関してですが、なぜよくないのか。

 

よく考えてみてくださいね。

 

油って水をはじくのに、使ってる人の理由って「よく落ちるから!」

 

って、なぜよく落ちるのか。

 

考えた事ありますか?

 

油と水は反発し合います。

 

それを乳化させる為に、一般でいう乳化剤(合成界面活性剤)が使用されています。

 

合成界面活性剤の代表、身近なものでいうと、台所にある、食器洗い洗剤です。

 

試してみてください。

 

コップに 水とサラダ油をいれて、洗剤を1・2滴たらして、まぜると、いつも使っている、乳液に変身します。

 

それに、腐らないように防腐剤(パラベンなど)、香りをよくするように香料、キレイな色にする為に、着色料。

 

また、その時々流行しているものを少しでもいれれば、パッケージに大きく、うたえるんです。

 

CoQ1O配合!とか、ヒアルロンサン配合!とか。

 

それが、普通一般に売られているお化粧品です。

 

500円のものも、10000円のものも、大概は同じと考えても間違いではないと思います。

クレンジングのお肌の優しい使い方

 

クレンジングはメイクを落とすのに欠かせないものです。でも、クレンジングって実はお肌にとっても負担をかけているんです。

 

お化粧を落とす時に、お肌に必要な成分窓一緒に落としてしまうので、お肌を乾燥させる原因の1つになっています。

 

ではお肌に負担をかけるなら、使わないほうがいいのではと思うかもしれませんが、クレンジングを使用せずお化粧が残っていると、それもまたお肌に大きな負担をかけてしまいます。

 

ですので、適材適所が大切になってきます。

 

ナチュラルメイクでそれほど濃い化粧をしていないときは、洗浄力が少なめのクレンジングを使用するとお肌の負担が少なくてすみます。

 

バッチリメイクの時は、洗浄力の多いものを使用します。

 

ただ、マスカラが濃いだけとか、そんな一部分だけの場合は、スポンジで目の周りだけ洗浄力の強いクレンジングを使用して、ほかは洗浄力の弱いクレンジングで化粧を落とすなど使い分けをすると良いです。

 

あとは、乾燥肌になりやすいので、強いクレンジングをした後には、化粧水などでしっかり保湿をすることが大事です。

 

化粧をすることは毎日必要なことなどでお肌にクレンジングが悪いからと言って使わないわけには行きません。

 

使い分けが大事です。